【初心者向け】LocalでWordPressの開発環境を構築しよう

この記事ではWordPressのローカル開発環境の構築方法を紹介します。

  • Localのインストール方法
  • LocalでWordPressのローカル開発環境を構築する方法

「Local」というツールを使うと開発環境の構築がとても簡単にできます。

Localのインストール

まずは公式サイトにアクセスして、Localのインストールファイルをダウンロードします。

https://localwp.com/

公式サイトにアクセス後、右上の「DOWNLOAD」をクリックします。

次のような画面が表示されるので、「Please chose your platform」をクリックしてOSを選択します。

私の場合、Macを使っているので「Mac」を選択します。

OSを選択するとメールアドレス等の入力画面が表示されます。

メールアドレスを入力して、「GET IT NOW!」ボタンをクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

ダウンロードしたファイルを開くと次のウィンドウが開きます。

LocalのアイコンをドラッグアンドドロップでApplicationsフォルダに入れます。

Applicationsフォルダのアイコンをダブルクリックすると、MacのFInderでフォルダが開きます。

先ほど移動したLocalをダブルクリックすれば、Localを起動することができます。

LocalでWordPressの開発環境を構築してみる

まずLocalの画面中央に「Create a new site」ボタンをクリックします。

サイト名の入力画面でサイト名を入力して、右下の「Continue」ボタンをクリックします。

ここではサイト名をtestとしています。

続いてWordPressのアカウント情報を入力します。

左から順番に「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力して、右下の「Add Site」ボタンをクリックします。

ここで入力した「ユーザー名」と「パスワード」でWordPressの管理画面にログインすることになります。

WordPressの環境構築が完了すると次の画面が表示されます。

WordPressの管理画面にログインしてみる

さっそくWordPressの管理画面にログインしてみましょう。

右上の「WP Admin」をクリックします。

次のようなWordPressのログイン画面が表示されますので、先ほど設定したユーザー名・メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

WordPressの管理画面にログインできれば、次のような画面が表示されるはずです。

まとめ

この記事では「Local」のインストールからWordPressの開発環境構築までを紹介しました。

本当に簡単に開発環境構築を行えますので、ぜひ活用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です