【初心者向け】PHP 算術演算子を覚えよう!

四則演算

PHPでは文字列の操作だけでなく、四則演算もできます。四則演算とは「足し算」、「引き算」、「掛け算」、「割り算」の4つの基本的な演算のことです。ここでは代表的な算術演算子を紹介します。

演算演算子機能
加算+足し算を行う
減算引き算を行う
乗算*掛け算を行う
除算/割り算を行う
乗除%割り算の余りを求める

 

四則演算のサンプルコード

各算術演算子のサンプルコードとその実行結果を示します。

加算

加算のサンプルコードと実行結果を次に示します。まず変数$aに10、変数$bに5をそれぞれ代入して、$a+$bの計算結果を$cに代入しています。実行結果から10+5の計算が正しく実行されいてることが分かります。

<コード>

 

<実行結果>

$ php add.php
c:int(15)

 

減算

減算のサンプルコードと実行結果を示します。まず変数$aに5、変数$bに10をそれぞれ代入して、$a-$bの計算結果を$cに代入しています。実行結果から5-10の計算が正しく実行されいてることが分かります。

<コード>

 

<実行結果>

$ php sub.php
c: int(-5)

 

乗算

乗算のサンプルコードと実行結果を示します。まず変数$aに-5、変数$bに3をそれぞれ代入して、$a*$bの計算結果を$cに代入しています。実行結果から-5*3の計算が正しく実行されいてることが分かります。

<コード>

 

<実行結果>

$ php mult.php
c: int(-15)

 

除算

乗算のサンプルコードと実行結果を示します。まず変数$aに6、変数$bに3をそれぞれ代入して、$a/$bの計算結果を$cに代入しています。実行結果から6/3の計算が正しく実行されいてることが分かります。

<コード>

 

<実行結果>

$ php div1.php
c: int(2)

 

この場合、変数$cは整数型となっています。では整数同士の乗算で、割り切れない場合にはどうなるでしょうか。次のコードで試してみます。変数$aに10を代入するようにしました。実行結果を確認すると、変数$cの型式が浮動小数点数型になっています。このように、計算結果に小数点を含む場合には、浮動小数点数型で返されます。必要に応じて型式が変換されることは前回の「PHP 基本の型を理解しよう!」で紹介しました。

PHP 基本の型を理解しよう!

<コード>

 

<実行結果>

$ php div2.php
c: float(3.3333333333333)

 

乗除

乗算のサンプルコードと実行結果を示します。まず変数$aに10、変数$bに4をそれぞれ代入して、$a%$bの計算結果を$cに代入しています。実行結果から10%4の計算が正しく実行されいてることが分かります。

<コード>

 

<実行結果>

$ php rem.php
c: int(2)

 

まとめ

今回はPHPで扱える算術演算子の紹介をしました!次回は論理演算子について扱います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です